株主平等の原則

株主平等の原則(かぶぬしびょうどうのげんそく)とは
株主としての資格に基づく法律関係においては、
その持ち株数に応じて平等に扱われなければならないとする原則


株主を保有株式数ではなく、通常の意味で株主1人1人を平等に扱うことを「頭数の平等」といって株主平等の原則と対比されることがあります。



posted by株式投資 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。