株式譲渡自由の原則と例外

株式会社において、株主は間接有限責任を負うのみであり、債権者は株主に会社債権を直接請求することは許されていません。


株主にその出資(会社財産)の払い戻しをすることは原則として認められません。


株主にも、リスク回避を認める必要もあります。債権者にとっても会社にとっても、出資をしてさえもらえれば株主が誰であっても基本的には問題はありません。


株式譲渡自由の原則は以上の2点から認められているといえます。



posted by株式投資 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。